太陽光発電システムの耐久性はどれくらいか

太陽の力

太陽光発電の魅力に迫る

地球温暖化防止、災害時の電力確保など、様々なメリットを持つ太陽光発電。今一度、太陽光発電の魅力について考えてみませんか。

  1. TOP > 
  2. 太陽光発電システムの耐久性

太陽光発電システムの耐久性

太陽光発電システムを一般家庭で導入した場合、その後の光熱費が抑えられ、余剰分については売電できるので、その初期導入費用を回収することに向けて走り出すことになります。どのくらいで、元がとれるのかは、各家庭の自家消費量によりますが、10年程度で設置費用を回収できると言われています。しかし、その間、またその後のメンテナンスはどうするのか、太陽光発電システムの寿命はどれくらいなのか、耐久性についての心配があります。現在、太陽電池の太陽年数は、太陽光モジュールは20年以上とされています。太陽光モジュールは表面が強化ガラスで保護されています。そしてそのほかの部品についてですが、直流電流を交流電流に変換するパワーコンディショナーは寿命が10年程度と言われています。これに基づいて10年保証という保証制度を設けているので、10年以内に故障などがあった場合の、修理費用は心配しなくていいですが、設置費用の回収が10年以内にできていなくて、10年を超える使用で故障があった時の修理・交換費用は自己負担になるので、その点は考慮が必要です。この耐用年数についてはメーカーによっても異なりますので確認が必要です。メンテナンスについてですが、ホコリがついたりして発電能力が落ちるのではないかという心配がありますが、雨によって流されるので頻繁に清掃することは必要ありません。ひどい汚れによる発電能力の低下は考えられます。鳥の糞など長い時間放置しておくのはよくありません。

Copyright 太陽の力 All rights reserved.