太陽光発電の変換効率はどれくらいか

太陽の力

太陽光発電の魅力に迫る

地球温暖化防止、災害時の電力確保など、様々なメリットを持つ太陽光発電。今一度、太陽光発電の魅力について考えてみませんか。

  1. TOP > 
  2. エネルギー変換効率

エネルギー変換効率

変換効率とは太陽光発電システムにおいて太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換した時の変換割合のことを指します。変換効率が高ければより効率的に電気を作ることができます。面積が1平方センチメートルの太陽電池に対して光エネルギーが当たった場合の最大電力が変換効率となります。その計算式は、変換効率=出力電気エネルギー(W)÷太陽光エネルギー(W)×100となります。100Wの光エネルギーがあたった場合に、10Wの電力が得られた場合の変換効率は10%となります。太陽電池の変換効率はさまざまな条件で変動するのが特徴で、天候に左右されるのが大きいと言えます。モジュールの温度が上がりすぎると発電効率が低下するので、真夏よりは春先や秋口の方が発電量が多くなると言えます。他の発電方法と比較してみると、現在、日本で最もメジャーである火力発電ですが、これは化石燃料である石油やガスを燃焼させて発電するもので、二酸化炭素を大量に発生させます。そして石油やガスは限りある資源ですので、いつまでも使いつづけられるものではありません。発電効率はよいので、一番多く使われています。原子力発電ですが、クリーンなエネルギーと言われていましたが、実は放射性物質を生み出すことが問題です。放射性物質は自然界に戻るのに、ものすごく時間のかかる有害物質です。使用済み核燃料の処分については問題視されており、解決したと言えるものではありません。その他、水力発電、風力発電、地熱発電があり、クリーンなエネルギー源と言えますが、いずれも発電効率が悪く初期投資コストが高額であるという課題があります。

Copyright 太陽の力 All rights reserved.