太陽光発電の固定価格買い取り制度とは

太陽の力

太陽光発電の魅力に迫る

地球温暖化防止、災害時の電力確保など、様々なメリットを持つ太陽光発電。今一度、太陽光発電の魅力について考えてみませんか。

  1. TOP > 
  2. 固定価格買い取り制度とは

固定価格買い取り制度とは

私たちの生活の中や、産業の中では毎日たくさんのエネルギーを使っていますが、日本ではエネルギー自給率が低く、輸入に頼っています。原子力発電を除くとエネルギー自給率はわずか4%です。エネルギーの中心は石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料ですが、そのほとんどを海外から輸入しています。再生可能エネルギーは自然界で繰り返し発生する現象から取り出すことができる継続利用ができるエネルギー源のことを言います。エネルギーの自給率を高めるために、CO2の排出量を大幅に削減していくために、再生可能エネルギーの普及・拡大が期待されています。平成24年7月1日より再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が始まりました。再生可能エネルギーは他の電源と比べると設置コストが高くつきます。なかなか普及がむずかしいので、このコストを新たに再生可能エネルギーによる発電に取り組む方が、効率的に発電を実施した場合、回収できる価格を国が定めて、電力会社が電気を買うことを義務付けました。そうすることで再生可能エネルギーの普及、拡大を促すことができると考えられています。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度はドイツ・スペインなどでも導入されている制度です。日本では、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどによって発電した場合、その発電した電気を電力会社が一定期間、一定の価格で買い取ることを義務付けられました。発電者にとっては、設備投資など、必要なコストの回収の見通しがたつので、新たに設備の導入などをしやすくなります。太陽光発電もこの対象になるので、さらなる普及が期待されています。

Copyright 太陽の力 All rights reserved.