太陽光発電の設置補助金制度とは

太陽の力

太陽光発電の魅力に迫る

地球温暖化防止、災害時の電力確保など、様々なメリットを持つ太陽光発電。今一度、太陽光発電の魅力について考えてみませんか。

  1. TOP > 
  2. 設置補助金制度とは

設置補助金制度とは

太陽光発電は設置補助金制度があるので、はじめから高すぎるからあきらめてしまうのではなく、初期費用と同時に考えておきましょう。国と地方自治体から補助金が交付されることも考慮にいれて、太陽光発電システムを導入する費用を試算して考えましょう。地球温暖化の進行は深刻な事態になっています。二酸化炭素の排出をできるだけ抑えるために、石油、ガスなどにかわるクリーンなエネルギーに転換することが求められています。個人ができる環境問題への貢献として、太陽光発電は有力な手段であり、一般の家庭で取り組める方法です。太陽光発電は二酸化炭素や有害な排気ガスを発生させないエネルギーであり、国内のエネルギー自給率を高めるためにも役立ちます。しかしその初期投資額が高いというのがデメリットであり、簡単に設置できるものではありません。そこで太陽光発電の普及推進のために設けられた住宅用太陽光発電システムを設置する方を対象として補助金制度があります。補助金の申し込み、申請の受付、交付まで一般社会法人太陽光発電協会太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が行っています。補助金交付の対象となる申込者は、「住居に太陽光発電システムを設置し、電力会社と電灯契約を結ぶ、個人(個人事業主を含む)、法人、または建物の区分所有等に関する法律にもとづく管理者」です。また交付額には限度があります。一電灯契約あたり、太陽電池モジュールの公称最大出力合計、またはパワーコンディショナーの定格出力合計のいずれかが、10kw未満であれば、補助対象となります。設置の時に補助金の出る範囲を確認しておきましょう。

Copyright 太陽の力 All rights reserved.