宇宙太陽光発電とはどのようなものか

太陽の力

太陽光発電の魅力に迫る

地球温暖化防止、災害時の電力確保など、様々なメリットを持つ太陽光発電。今一度、太陽光発電の魅力について考えてみませんか。

  1. TOP > 
  2. 宇宙太陽光発電とは

宇宙太陽光発電とは

宇宙太陽光発電システムは宇宙空間に打ち上げた衛星が巨大太陽光パネルで発電し、そのエネルギーを電波で地上に届けるという、実現すれば夢のようなシステムです。このシステムの計画はまず、2.5km四方に太陽光パネルを敷き詰めた装置を大気圏外の静止軌道上に打ち上げます。そして地上3万6000km上空で発電します。その後地上または海上に設置する直径4kmほどの地上受信装置へマイクロ波やレーザー光で電力を送るというものです。宇宙での太陽光は昼も夜もなく、天候にも左右されずに発電することができます。太陽がある限り作り続けることができます。化石燃料のようにいずれなくなってしまう心配がなく、二酸化炭素や有毒排気ガスなどの排出を心配しなくてもよいクリーンなエネルギーです。宇宙空間での太陽光発電のアイデアが生まれたのは1968年のことです。アメリカのピーター・グレイザー博士が考案しました。それをアメリカのNASAとエネルギー省が具体化に向けて検討をはじめました。宇宙太陽光発電は大規模なプロジェクトのためかなりの予算が必要になります。日本ではエネルギー資源が乏しいので国内で積極的に研究がすすめられ、現在も多くの大学やJAXAで研究が行われています。静止軌道上で太陽光を効率よく集光するシステムやエネルギーの無線伝送技術など、技術的な課題はまだまだありますが、実現可能なところまできているとも言われています。2030年の実用化に向けて研究が進められており、日本の宇宙太陽光発電の研究は世界をリードしていると言われています。

Copyright 太陽の力 All rights reserved.